仕事内容を理解しよう

福利物産TOP > 採用情報 > キャリアアップ > 入社4年目

入社4年目 研究開発室 延広 知世 2006年入社 福山大学 生命工学部

新製品の開発・試作の他に、製品の塩分測定など品質管理をおこなっています。

1st 3tep

入社直後は一般的な社会人研修に3日間参加しました。この後は現在でも毎日続けている、製品の塩分測定など品質管理が仕事です。最初は自社の製品についてや、いろいろな調味料など基礎的なことを覚えるだけでも大変でしたが、福利物産は何でも気軽に聞けるアットホームな環境。おおらかな雰囲気で仕事ができますし、大事なところではどの立場の人であっても自分の意見を言える風通しの良い会社だと思います。私も業務の中では「報告」「連絡」「相談」を常に心がけています。

2nd Step

だんだん品質管理の仕事内容も幅が広がってきます。均一な味を保つために、データに基づく管理だけでなく、見た目や匂いの変化で異常を判断する場合もあります。
ちりめんの味付けに加える調味料の指示も研究開発室が行うんですが、塩量を間違って指示してしまったという失敗もあるんです。でも「失敗」はそれに気づき反省すれば、必ずステップアップにつながると思います。先輩のお手伝いからスタートですが、新製品開発のための試作品づくりの仕事に携わっていきます。

3rd Step

仕事の様子1年くらいすると自分一人で試作品をつくるようになりました。たまに「○○を使って何か作ってみて」と、漠然とした課題を与えられ困るときがありますが、自分のアイディアひとつで自由にできるわけですから芸術家になったような気分が味わえました。自分が良いと思っていても周りの反応が今ひとつだった時や、要望に応えたくても具体的な要望ではない時はとても苦労します。製品化まではいきませんでしたが、社内での評判が良く、試食で美味しいと言われた時はすごく嬉しかった!自分の考えた試作品が製品化されるのを目標に頑張れます。

就職活動中の皆さんにメッセージ

今の就職活動は売り手市場と言われていますが、企業は今まで以上に学生のことを見ているように思います。油断せずに頑張ってくださいね。

このページのトップへ