仕事内容を理解しよう

福利物産TOP > 採用情報 > キャリアアップ > 入社10年目

入社12年目 営業部 営業一課 岡本 憲尚 1998年入社 福山大学 工学部

私が所属している部署は営業部です。営業部は全国の担当地区を大きく分けて4つの課があり、各地区へのベンダー、量販店へ当社製品を提案して販促を行います。

1st 3tep

営業部の中国地区へ配属され、商品、価格、物流を習得しました。営業スタイルとしては出張がメインとなりますが、出張時以外は会社内でのデスクワークや一部工場内でのフォローを行います。ベンダー様やスーパー本部など訪問し、当社製品を売り込み、販売していただけるよう販促企画も同時に行います。それに伴い商品の受注等も行います。
担当地区を任せられた時点で自分で考えた製品の企画・提案をします。得意先へ訪問し、提案した商品が実際に棚に並べられたり、その商品が売れたのを見ると満足・充実度は最高です!また、年齢や役職を問わずいろいろな人と話が出来て、いろいろな立場、状況の話が聞ける機会が多く、この仕事の面白さを感じます。

2nd Step

進物課に異動となり、百貨店、土産物、DM用の進物用製品とその価格、物流を習得し、地元や四国地区への土産物用製品のセールスを行いつつ、百貨店へのフォローを行います。
ベンダー様やスーパー様に向けた当社製品、そしてここで百貨店様向けなどの進物用当社製品の両方を学ぶことで製品の特徴を捉え、他社との比較をいろんな角度から説明出来るようになったり、他メーカーの状況や地域の特性を把握出来るようになり、お客様への提案がスムーズになった事は仕事をする上でのステップアップになりました。

3rd Step

仕事の様子ふたたび営業部へ異動、中国地区へ配属されました。山口県を担当した後、島根県、さらには福岡、熊本、佐賀、長崎など九州地区を担当して現在に至ります。
これだけ色々な県に出張して商談をおこなうものですから、商談中にお客様の話す方言、お話をする際に出てくる地理的なことなど、わからないことがたくさんあって苦労します。
自信を持ってお客様に紹介した商品が売れなかった時、注文頂いた商品を欠品させた時など自分がミスをすれば大切なお客様へ迷惑をかけてしまう、だから当社の信頼を損なわないよう細心の注意をしながら日々の業務を行う、これも大変な苦労です。
でもいずれは競合メーカーから真似されるくらいの新商品を開発して、どこのスーパーに行っても当社の商品が置いてあるくらいの大手メーカーに負けないシェアを取りたい、と思って頑張っています。

就職活動中の皆さんにメッセージ

目指す仕事が決まっている皆さんは、その方向に向かって目標を達成して欲しいです。まだ決まってない皆さんは、いろいろな会社説明会に行って興味を持ったことを調べたりして、少しずつ決めていったらいいと思います。

このページのトップへ